製品紹介?(TEAM UKYOという虎の威を借りて・・・)

ようこそ
STEM DESIGNのブログへお越しいただきましてありがとうございます。
何度も言って申し訳ございませんが、
私共STEM DESIGNはTEAM UKYO プロサイクルチームへサプライヤーとしてアフターバイクウェアーを提供させていただいております。

本日はTEAM UKYOU の選手たちの移動やリラクシング時、ミーティングなどに着用している姿を撮影してきました、その模様をご覧ください。

↑移動時はSTEM DESIGNポロジャージにリネンリブニッカボッカーズ。

↑ホテルのソファーでくつろぐ選手。
 太田選手(左)斉藤選手(右)若杉選手(後)
こちらのジャージはレース用ではなくサイクリングやツーリングを目的としたユーザー向けに開発した商品ですのでレースジャージと大きな違いはサイズ感です。
やや大きめに作られているので普段着使いでも十分使えるジャージです。詳しくはこちら

ワゴンからBIKEを出す嶌田選手、談笑する清水選手と狩野選手。

斉藤選手がフロンホイールを素早く簡単に取り付ける様をみて、速さのコツを質問したら

「フロントフォークのエンドの爪をヤスリで削って取っているのでクイックレリースを倒すだけで簡単に外れるようにしているとの事。」
レース時のパンクなどはタイムロスにつながるのでいかに早く作業をこなすかを考えてのレース界での常識を教えてもらいました。

ただし、最近のカーボンフォークはエンドまでカーボンの場合、割れてしまう恐れがあるので注意が必要だし、普通の人は安全性が損なわれるので、あまり真似しない方が良いとの事でした(^^)勉強になります。

撮影が終わると急いで選手たちはホイールの組み換えやスプロケの交換をしておりました。

最後はチームカーの前で清水選手(左)斉藤選手(右)にポーズを決めていただきました。

今回の撮影であまりお話しできていない選手の方といろいろなお話が出来てとても楽しい時間を過ごせました。

例えば・・・
若杉選手はまだ学生でSTEM DESIGNのサイクルプリントTシャツを学校に着て言ったら仲間から評判が良かったとか。

撮影時、狩野選手は「どんどん遠慮しないで指示してください、そーでないとわからないんで!!」とズバッと言ってくれたキャプテンシーあふれる様には男の趣味は無い私でも惚れ惚れする態度でした!

選手の皆さんから特にリネンリブニッカボッカーズの評判はすごく良く、どの選手も普段着でもヘビロテだと聞かされました。

そんなスポンサーへのサンクス精神あふれるサービスに酔いしれて有頂天な気分でホテルを後にしてきました(^^)
その翌日、我等がTEAM UKYO が、東京のお台場にて行われた湾岸クリテリウムにおいて辻 善光選手が見事、優勝致しました。

クリテリウムはチーム力の差が大きく出るとの事だそうです、TEAM UKYO の力が証明できた大会になってよかった!
本当におめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です