吊り裏毛スェットパーカー

ようこそステムデザインのブログへお越しいただきましてありがとうございます。
さて、今日は関東地方もすっきり冷え込みましてもう、防寒衣料が必要なのか・・・?と思うほどな体感温度ですが 自転車のりにはとってもいい気温です。

そんな季節にピッタリな商品をご紹介。

吊り裏毛スェットパーカーはstem designでは定番商品。

1950年~60年代のスェットセーター等はこの吊りミシンで生地を織り上げていたことから「吊り裏毛」と言う名が付きました。
ちなみに裏毛とは、スェット生地の裏面の特徴をそう呼びます。

そして日本でも数台しかないヴィンテージ編み機を使って織り上げたスェット生地なので現在の編み機よりめちゃくちゃゆっくり編むため、生産数が少ないのです。
ただし、現代の編み機で織上げた生地と比べるとそこに違いが見られます。

吊り裏毛にはソフトで柔らかさと立体感のある風合いがあり、それが持続するのです。

そんな生地で作られたstem designのスェットパーカーはまさに一生物。

着ていくほどにヴィンテージスェットの風合いを楽しめます。
更に隠し包丁的なstem designのパターンが自転車向きに作られています。

今年はファスナーのスライダーにstem designオリジナルテープが付きます。

お勧めの一品です。

ご静聴ありがとうございました。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です