ドロップハンドル

ようこそ、STEM-DESIGNのブログへお越しいただきまして、ありがとうございます。

今日は空気も冷たく、いよいよ師走な雰囲気がだんだん盛り上がってきました。

今年の世相を笑わす「漢字一文字」では「変」が決まりましたので、それにあやかって
私もSTEM-DESIGN号のハンドルをフラットバーからドロップ化へと
変更することにいたしました。(もちろん、自分ではいじれませんから、いきつけの自転車やさんに持って行きました。)

個人差もありますがロードに乗り慣れてきたせいもあり、私の中でフラットバーでは物足りなくなって来たと言ったら 言いすぎでしょうか・・・?
ともかく、仕上げ前の画像を公開いたします。(見てやってください)

ハンドルはNITTOの45cm。
パーツには知識がまったくないのであまり深く突っ込まないでください

ブレーキレバーは中古パーツですがなにやらいわくが在りそーなパーツを店主さんが出してきてくれました。

シフトレバーを付ける所がなかなか決まらず、悩んでいましたが店主の勧めでバーエンドにはめ込むタイプを勧めていただきました。

はじめは今は無きサンツアーのシフトレバー(バーエンドにはめ込むやつ)の新品を持ってきてくれたので、「おおっ」と一瞬気持ちがあがりました、

店主いわく・・・本当はプレミアが付くけど定価でいいよ!ですって。
そこはパーツに無知な私はラッキーなのかボラレなのかわかりません!
だけど今はないメーカーのデッドストック!!ってことはミーハーな私の心をくすぐるのにはたまらない修飾語です。

そんなところで次回につづく・・・。

次回はいよいよバーテープを巻きます。
果たして 自分で巻くのか・・・?
みなさま、風邪など引いておられませんか?是非、お体にはお気お付けください・・・。

かく言う私は先週からのどから来る風邪にかかっており、あまり自転車に乗れておりません。
それでは・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です