バイシクル カジュアルパンツが商品化

さて、それからしばらくは、内輪や口コミで細々と展開していましたがSTEM-DESIGNというブランドが、初めて雑誌に取り上げられたのが、2004年4月の事です。
出版さんのバイシクルクラブ4月号で、メルトンのバイシクルパンツが写真付きで掲載されたのです。
しかし、当初はまったくの問い合わせなし状態。
なおかつ、本業であるパターンの仕事が忙しく、ついつい自社ブランドの制作活動は休業中という状況に甘んじていました。

ところが、2005年2月、「バイシクルクラブ2月号」にふたたびメルトンパンツが掲載されると、それを見た数人のお客さまからお問い合わせをいただいたのです。
そう。たった数人です。
ですが、「お客さまがいる」という事実は、私たちに、その数人のうしろに何百人、何千人もが控えているように感じさせ、この商品をもっともっと作り、本気でブランドを立ち上げなくては、と勝手な使命感に駆りたたせるには、じゅうぶんな結果でした。
そして、そこから紆余曲折を経て、今年の秋冬コレクションの発売を機に、横浜のグリーンサイクルステーションさん(以下GCSさん)との本格的なおつき合いが始まったというわけです。

GCSさんとの出会いは、とてもシンプルです。
私たちが営業活動で苦戦しているころ、とくに頭を悩ませていたのは「どういったお店に、自分たち商品がフィットするのだろうか・・・?」ということでした。
そんな折、ちょうど掲載誌である「2005年 バイシクルクラブ2月号」で、わたしたちの記事の真下に紹介されていたGCSさんを見つけ、なにやらインスピレーションを感じておそるおそる電話をしてみた、というのがきっかけです。
今になって思えば、シンプルというよりは、むしろ必然的。
まさに「出会うべくして出会った」と考えるべきなのかもしれません。

そして、そこから商品発売にいたるまでのおはなしですが、それは、次回に書くことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です