STEM DESIGNビブショーツの裏?話し

ようこそSTEM DESIGNのブログへおこし頂きましてありがとうございました。

 

だいぶご無沙汰しておりますが今日はonline shop限定新商品のご案内です。

STEM DESIGNのサイクルジャージが好評でこのところお客様より

「ビブショーツもないの?」と、よく聞かれることが多く・・・

以前にビブショーツの作成に乗り出そうとしたこともありましたが「うちが作ってもユーザーの満足度を満たすクォリティーができるのか?」・・・という考えから「モチは餅屋で」的にユーザーが専門メーカーの物を選べばいいと思っておりました。

自分でも色々と履いて使ってみて思うのですが、そもそもビブショーツはサイクルアパレルの中でもかなり重要なギアだと思っています。

そこで仕事柄、チャンスに恵まれたこともあり海外ブランドと国内ブランド数社のウエアーを手に入れて分解、パターン解析をする機会を得られました。

私は洋服のパターンを作るパタンナーの仕事をしていることから各社の製品をほどいて生地の形状、素材や縫製などの意味、パターン解析をしてみました。

特にパターンにおいてA社ではアパレルのセオリーでは考えない特殊な形状をしたパーツがパズルのように組み合わさっていました。

その解析が出来たのもパタンナーという立場だけではなくバイクにも乗っているからなのだと実感しました(手前味噌で申し訳ございません)

そんな機会を得られた事と冒頭のお客様からの声もあり、STEM DESIGNからビブショーツを出す気が湧き起こったのです。

そして今回ビブショーツのパット付けに特に定評のあるBIORACERさんの協力を得て、STEM DESIGNのビブショーツを発売することとなりました。

BIORACERのW氏社長いわく、UCIチームのツールに出場するプロ選手の間でもBIORACERのパット付けに定評があるとのこと・・・

私自身ももう4年くらい愛用させていただいています。

STEM DESIGN×BIORACERのビブショーツの履き心地を是非ご堪能下さい。

 

サイクルビブショーツ

 

 

※サイズ在庫も欠品が出ておりますのでお早目にご購入下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です