自転車で帰宅

緊急書き込み。

本日の午後2時45分頃の東北太平洋大地震は大変な被害をもたらしています。

私たちstem designの事務所のある渋谷でも大きな揺れがあり、ビルも大きく揺れ
人々が大勢外に出ており、近くの公園などに人だかりが出来ておりました。

事務所の中はたいした被害もなかったのですが、電話もネットもつながりにくい状態になったので、
スタッフやたまたま来社していた関係者さん達にはご理解をいただき、すぐに業務を停止してそれぞれ帰宅するようにしました。

幸い皆、バイクやオートバイで来ていたので交通機関に頼らずに帰宅できる状態であリました。
私はロードバイクで渋谷から千葉市まで帰宅することになりました。
ルートは下記のとおりです。
渋谷―表参道―青山通り―青山墓地を抜け乃木坂―赤坂TBS前―溜池―虎の門―日比谷

ここから晴海通りに出て銀座―築地―晴海大橋を渡り、東雲まで。

ここから国道357号にでて新木場―舞浜(ディズニーランド)一気に船橋ららぽーとを経由、

海岸大通りに出て海浜幕張(幕張メッセ付近)―千葉市内へとスムーズに帰宅することが出来ました
16:15頃渋谷を出発しましたが、都内では皆早めの帰宅の行動が見受けられ、首都圏の路線は動いて居なかった為にどこのバス停も長蛇の列。
タクシーを捕まえようと車道に人が出ており徒歩の方たちも溢れていました。

国道357号(東京湾岸線)で道路に亀裂発生が見られ、埋め立て地特有の液状化による冠水も
見受けられました。

ルート上の幹線道路はすべて大渋滞。

舞浜ではディズニーランドのホテルの照明やライトアップはされておらず、駐車場は液状化による冠水が見えました。

江戸川にかかる橋の上からは京葉コンビナート方面で大きな火災が見られました。

船橋ららぽーとは17時頃通過の時点で全店閉店、駐車場はガラガラ。

途中の習志野市付近は停電状態、信号機も作動しておらず・・・。

通過するコンビニエンスストアーは待避場の様に人が溢れている所もあれば
停電している所もありました。

津波やコンビナート等の災害も考えて内陸のルートを取ろうかと思いましたが
道幅の広いほうが走りやすいかと思い、被害が少なければ湾岸ルートのほうが早いと考え、
今回の決断に至りました。

結果的には無事に帰り着くことが出来ましたがこれも運が良かったのかもしれません。

このブログを書き込み中も長周期地震動が何度もあり、今現在もリビングのペンダントライトが揺れ続けています。

マンションのベランダから市原方面のコンビナートが見えますが、TVニュースで放映しているコスモ石油精製所が大火災を起こして燃えている様子も遠目によくわかります。

とても不安で落ち着かない夜を迎えています。
なので、玄関にはすぐに持ち出せるようにリュックとトレッキングブーツを用意しています。

未だ、長周期振動は何回もあり、収まる気配はありませんが自宅に帰宅出来たことは幸いでした。
東北地方や近隣の被災者の方々、また首都圏での帰宅難民の方々すべての被災者の安全と無事の帰宅をこころよりお祈り申し上げます。
株式会社 STEM  代表取締役  栩原 拓士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です