自転車盗難

ようこそ、ステムデザインのブログへお越しくださいまして、
誠にありがとうございます。

大変ご無沙汰いたしました事、誠に申し訳ございませんでした。

 さて、京都のぽたリングも遠い昔の記憶となってしまい、尻切れトンボになってしまった事を深くお詫びさせていただきます。
 もし、このブログを「秋の京都ぽたリング」に生かそうなどとお考えの人の為にも(←いないと思うけど・・・)
最後まで続けようと思いますが、今回は自転車の盗難に会ってしまいましたのでその話を聞いてください。

先週の土曜日の午前0:00に都内の駅前に停めました、時間も遅く人通りが少なかったので歩道上の手すりにワイヤーキーで自転車をくくって帰りました。

朝土曜日の午前9:30頃に自転車の場所へ行ってみると見事に盗難されました。

一瞬、区の撤去作業にあったのか・・・?あるいは昨日は乗ってこなっかったんだっけ・・・?
と、記憶をめまぐるしくさかのぼって見ましたがどちらも違いました。

 人は激しいショックに見まわれると足が止まって呆然と立ちすくんでしまいます。
そんな状態からその次に頭の中に浮かんだのは、激しい怒りとこの事態からの脱却でした。
まず、冷静になってすぐに近くの警察署に駆け込みました。(すぐ側にあったので、)

門番の方に呼び止められて事情を話すと心配していた公務員恒例の「たらい回し」にも合わず門番の方がそのまま手続きをしていただいたのには少し驚きました。

そして非常に丁寧に対応していただけました。

 いろいろと、事細かにその時の状況や自転車の特徴など丁寧な対応により、少しづつ心の不安が解消されていきました。
それと、「スポーツバイクは他の自転車に比べて出てくる例が多い」っとおっしゃられていたのでそれも期待できるような気がしてきました。

10年間乗ってきたcannondaleのMTB改だったので古くても愛着があります。

しかし、最近珍しく続いている自転車通勤の事を考えると新しい自転車を購入する計画も即座に頭の中で思い描いたのも事実です。(←薄情な奴です。)

とにかく、しばらくは警察の連絡を待ってみることと、盗難場所に戻って来てないか辺りの捜索をしました。

すると昨日、届けを出した署と違う警察署から連絡が入り「見つかった」との報告!!
 いやー、ほんとに良かったです、警視庁の方々、お手数をお掛けいたしました。
ありがとうございました。

 明日朝、引き取りに行ってきます。(雨見たいですけど)

次からは鍵を二重にします、きちんと所定の場所に停めるようにします。

とにかく、自転車通勤は再開できそうです。

皆様も盗難にはくれぐれもお気をつけ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です