バイシクル カジュアルパンツが商品化に

はじめまして、STEM-DESIGN代表の栩原(とちはら)拓士と申します。
現在無数に存在するWebサイトの中から、STEM-DESIGNを見に来てくださってありがとうございます。
私たちのブランド STEM-DESIGN は、2005年の秋冬コレクションから本格的にスタートしました。
今回は、そのスタートにいたるまでの生い立ちについて、何回かに分けてお話したいと思います。

まず、裾メタルホック仕様のバイシクルパンツの誕生秘話を少し・・・。

私が某アパレルメーカーから独立し、企画・パターンのアトリエをかまえた当初は、取引先との打ち合わせや納品に、マウンテンバイクをよく利用していました。
お取引先の会社は、わりと近場に集中していたこともあり、マウンテンバイクは格好の移動ツールだったのです。でも第一の理由は、運動不足の解消でした。そのとき愛用していたパンツが、裾が広めのカーゴパンツです。
ですが、残念ながら、裾がチェーンによく引っかかって、生地が汚れたり、やぶれそうになったりで、いつも冷や冷やしながら乗っていたものです。
それで、「なにかいい方法はないだろうか?」と考えていたとき、たまたま、取引先のメーカーさんがジャケットの付属金具として使うクロムメッキのホックが目に留まりました。
「これを裾に付けてみたらどうだろう?」と考えたわたしは、さっそくその金具をいくつか取り寄せ、これをパンツの裾に取り付けてみました。
すると、しっかりと生地を絞ってくれていた上に、想像以上に使い勝手もいいではありませんか。
見た目も悪くない印象でした。根が単純な私は、もうこれだけで大発明をしたような気分です。
さらに、自転車の動きに合わせた機能をパンツに取り入れることで、あたらしいスタイルのオリジナルパンツになりそうだと考え、まずは自分のデイリーユースにサンプルを作ることにしたのです。

そんなふうに、まったく単純な思いつきから生まれたバイシクルパンツが、今の「メルトンパンツ」です。
またそれが意外にも評判がよく、打ち合わせに来られたお客さまやデザイナーさんからはつぎつぎに注文が入り、思い切って製品化へ。
「STEM-DESIGN」というブランド名もあてがわれ、2003年秋冬ものがかできあがりました。
このつづきは、次回へ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です